QLOOKアクセス解析

kakokiji(ランダム)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

かのかのこと。

先日からの続きでアニマルコミュニケーションの鑑定結果をupする前に、非難されるのを覚悟で【かのか】のことを綴りたいと思います。

かのかの最期は安楽死でした。

入院先の病院から急変したと電話を受け急いで駆け付けた時には見ていられないほどの状態で、「もうどうすることもできません」と決断を迫られました。

息もほとんど出来ていない状態の中で私達の姿を認識した時、かのかは体を必死に起こし嘔吐しながら酸素室から出ようともがきました。

おかーちゃん 迎えに来てくれたんだね 早くお家に帰ろう

かのかの声が聞こえました。

暴れるともっと苦しくなってしまうと思い酸素室の奥へ戻そうと近づくと、かのかは小さくゴロゴロと喉を鳴らし始めました。

何でこんなことに・・・何でこんなに苦しまなきゃいけないんですか・・・どうしたらいいのか・・・
私はパニックになっていました。

もう一秒でも早く楽にしてあげることしか考えられなくなっていました。

嗚咽するダンナが泣き叫ぶ私を診察室から引きずり出しました。
かのかの弱々しい鳴き声が二回聞こえました。
気が狂いそうでした。

苦しみながら息絶えるまで自然に任せたほうがよかったのか、飼い主の一言で逝かせてよかったのか、どっちが正解だったのか私はいまだにわかりません。
あれ以上苦しむ姿を見たくなかっただけかもしれません。

結局、あんな状態になってしまった原因が分からないのです。
最初に「誤飲中毒かも」と言われた時には、異物はすべて吐き出していて内臓には何も残っていませんでした。
元々何かの持病があったのかもとも思いましたが、もしそうでもそれを見抜けなかった飼い主の責任です。

言えることは、私達がかのかを殺しました。
たった一年しか生きられませんでした。
辛い苦しい思いをさせてしまい、ごめんなさいごめんなさいという言葉しかありません。
ほの香の心も深く傷付けてしまいました。

かのかにカメラを向けると、すべてをぶつけてくるようなカメラ目線の写真がたくさんあります。
純粋なその目を私は今も直視することができません。


kanoka


天真爛漫で素直で超天然で甘えんぼでほの香のことが大好きだったかのか。
「アンタ達のおかーちゃんになってあげるから何も心配しないでいいよ」と約束したのに・・・
10年20年、ずっとずっとみんなで仲良く暮らせると思っていたのに・・・

愛しい愛しいかのか。
どうして自分は今ものうのうと生きているんだろう


人気ブログランキング 猫ブログ 猫のいる暮らし FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

かのかママさんURL忘れたのに来てくれてありがとう(*'-'*)

また泣いてしまいました。

私は安楽死反対ではありません。
理由は私が病気でそうなったときは安楽死をして欲しいからです
人とかぬことか関係なく。

1年で亡くなっても20年で亡くなっても思うことは皆同じです

何で気づいてあげれなかったんだろう
もっといろんなことしてあげたかった
って

でもかのかチャンはママさんに感謝しかしてないと思いますよ♪
誰のせいでもない

ママさんの子どもになれてよかった
ママさんの家族になれてよかった
ママさんと出会えてよかったって

ぬこやわんこは人と違ってみんな心が綺麗で純粋ですもの

それに写真のかのかチャンはどの写真も幸せそうな顔しかしてないじゃないですか♪

短かくたってかのかチャンは毎日幸せいっぱいで生きたんですよ☆彡

うまく伝えられない‥(^ω^;)

えらそうにすいませんm(_ _)m
  • 2013-01-28│14:26 │
  • maccha URL
  • [edit]
◆macchaさん

こんな重いテーマの記事にコメントしていただいてありがとうございます。

私は元々、安楽死には反対の考え方だったんです。
でも自分が経験してみて余計に分からなくなってしまいました。
今、分かるのは「あの状況ではどちらを選んでも後悔してただろう」ということ。

一分一秒でもかのかには生きていてほしかった。
でもこのコに苦しみを与えてはいけない、それなら・・・
かのかのことは運命だと思って、ずっと死ぬまで抱えていこうと思っています。
かのかのおかーちゃんとして責任をもって。

かのかは幸せだったのかな・・・
まだまだ、あの時このコ達を引き取るんじゃなかった、よそのお宅に行ってたらこんなことにはなってなかったかも・・・と思ってしまいます。

これからかのかの記事は楽しかった思い出だけを綴ろうと思います。
ホントに変わったコだったので、また見てやってくださいね(^^)

macchaさん、ありがとうございました。
私も、安楽死させました。
私の不注意。ちょっとだからいいや、って。10分しないうちに帰ってくるのに、1時間しても帰ってこない。おかしいねって言いながら、いつものように、リビングの戸ばかりみてた。前の日雪降って寒い夜だったので外見に行くのめんどうで。1時間半ほどして、帰ってきたの。いつもと同じように、リビングの戸 伸び上がってトントンって、そしていつもと同じようにミゃんってだから。うっわ。どうやったらこんなに泥だらけって お風呂行き。やけに鳴くけど、、けんかしたか?。病気もらったらどうするの。って。見た目ぜんぜん傷無かったの。乾かしながら後ろ足の辺り痛がるからおれてる?。いや違う?、、、歩けない?。
朝一、病院に預けて仕事に、旦那から夕方 病院から検査の結果が出たけど自分でちゃんと聞いて来い。俺も行くから。って。やっぱ骨でも折れてた?。なんてのん気に病院行ったら。先生から「ダメです。今痛み止めで、少し楽かも知れないけど。癌用モルヒネ。普通の痛み止め効かない。」?はあ?何なの。だめって?
骨盤 膀胱と尿道が潰れてて、骨盤膀胱だけだったら治るけど。尿道は、繋げない。細すぎるから縫えない。先生が居た東京の大きい病院 知り合いの病院と大学病院に掛け合ってくださったんだけど、みんな、予後が良くなく、かわいそうなだけと。自分の知ってる子は、半年に5回手術。病院から、出ること無く逝った話、、、
腕に点滴入れられた、ぼくが、帰る。帰れる?。お迎え!。って顔で。
先生にお願いして。家でお願いします。って診療後 先生と家につれて帰って、
「ぼくね、いっぱい触られて、恐くて、疲れたから、寝るの、」って膝によじ登ってきたから、膝の乗せて、缶詰ペロッて舐めて。顔横むけてごろごろすぐ寝に入ったので、お願いしますって。針入ったままだったからチクンも無し、すーって先生がもう意識無いよって うそだろって寝てるだけって お風呂入れたからふわふわ。 
次の日真っ白なお腹が、内出血でまっくろで。
玄関から1時間掛けて前足だけでおなから下引きずってリビングまで来たの。なのに最後痛み振り絞って立ち上がって伸びて戸たたいたの。いつもみたいに。 
玄関の道路一日に数台しか車通らないのに。道路にぼくの毛がこびりついてた。
あの時いつものように一緒に私が横にいれば。出さなければ。。。私のせい。 ごめんね。どうしようもなく。出さなければ。。。。
 
4ヵ月後 うりもらって来た。
  • 2013-02-03│16:18 │
  • 50SAI URL│
  • [edit]
◆50SAIさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

辛いお話、50SAIさんも辛い決断をされたんですね・・・
どうしてこんなことが起こってしまうんだろうと思ってしまいます・・・
最期は本当に苦しむことなく眠るように・・・と思いたいです。
替われるものなら替わってやりたかった。

この記事、以前会社の昼休みに読んで、泣きそうになってしまいました。

かのかちゃんは、とっても幸せだったと思いますよ。
短い間だったけど、どの猫よりも、ママさんパパさんと、ほの香ちゃんから愛情と幸せを貰って生きたのだと思います。

それは、かのかちゃんの写真を見れば良くわかります。

私も、3年前に愛猫を19歳で亡くしました。
最期の2年は糖尿病の注射と嫌がる薬を毎日与え続けました。

今でもそれが本当にその子にとって幸せな事だったのかどうかは、わかりません。
口には出さなかったけれど、本当は辛い毎日だったんじゃないか、延命は私のエゴだったんじゃないか・・・と思ったりもします。

でも、飼い主が愛猫の為にしている事は、きっと分かってくれていると思います。
そこに信頼があると思うから。

安楽死の選択は、正しかったと思います。
苦しむ時間なんて、短い方がいいに決まっています。
良くなる見込みの無い苦しみを与えずに済ます事が出来るなら、飼い主はそれをするべきだと思います。

そして亡くなった原因は何であれ、haluさんが、かのかちゃんを愛情持ってちゃんと大切に育てた事は事実なのだから、かのかちゃんはきっと、haluさんに感謝していると思いますよ。

長文失礼しました。
  • 2013-03-10│17:45 │
  • KIYOLA URL
  • [edit]
◆KIYOLAさん

暖かいコメントありがとうございます。

かのかの亡骸を目の前にした時、もしかしたら5分後に正常な息ができるようになってたかもしれない、1分後に持ち直してたかもしれない、飼い主としての決断が正しかったんだろうかと今でも考えます。
いくら考えたってかのかは戻ってこないのに・・・
立て続けに「死」を見てきたせいか、私は頭が壊れっちゃったんじゃないかと思って、自分の考えや行動がおかしくないか不安になります。

かのかとほの香は私にとって初めての女の子だったので、本当に可愛くってしょうがなかったです。
こんなことになってしまうなんて思ってもみなかった。
嬉しくて浮かれて調子に乗ってたんでしょうね・・・

先代猫は腎不全だったんですが、たった二ヶ月しか介護させてくれませんでした。
一度だけ強制給餌をしたことがあって、力のないはずの体全体で拒否されました。
その時に生き様を見せられたような気がして「こいつの威厳を保ってやろう」と思いました。
あの時に無理にでも食べさせてたらもう少し生きててくれたかもしれないと思いますが・・・

>良くなる見込みの無い苦しみを与えずに済ます事が出来るなら、飼い主はそれをするべきだと思います。

この言葉、すごく心に沁みました。
ありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013-06-16│09:30 │
  • [edit]
鍵コメのMさんへ。

はじめまして。
Mさんも、まだまだ笑って思い出話ができるほど時間が経ってないだろうにもかかわらずコメントしてくださってありがとうございます。

私も一年前と変わらず、なぜあのコが死んで私が生きているのかわからないままです。
しょうがなかったと言われても、かのかのことに関しては一生自分を許すことはないと思います。
もしもあのまま最期まで見届けたとしても同じだと思います。
結局わからないんですよ・・・何が正しかったのかいまだに・・・
ただただ可哀相な目に遭わせてしまってごめんなさいごめんなさいという思いしかありません・・・

ほの香にも辛い思いをさせてしまいました。
突然仲の良かった姉妹を引き離し、あのとき最期の声を聞かせてしまい・・・
ほの香が本当のことを知ったらきっと私のことを許さないだろうと思う反面、何も知らず私達夫婦を頼りに甘えてくるこのコが不憫でなりません。

こんなことを言える立場ではありませんが、かのちゃん、どうかほのちゃんを見守ってやってと祈らずにはいられません。
  • 2013-06-16│16:09 │
  • halu URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013-07-09│22:20 │
  • [edit]
鍵コメのIさんへ。
はじめまして。コメントありがとうございます。

私も元飼い主としてそう思ってあげたほうがいいと思っています。
本当に楽しかった。ありがとう。という思いは心からあります。
でも今はまだ謝罪の気持ちのほうが大きいです。
「時間が解決してくれる」とよく言いますが、かのかのことに関しては、たぶん私がかのかに会える日が来るまで解決しないんじゃないかと・・・
かのかはきっと笑ってるでしょう。
「おかーちゃん、バカだねぇ」なんて。
そういうコだったから余計に、なんであのコがあんな辛い目に遭わないといけなかったのかと思うと今でも苦しくて苦しくてたまりません。
自分は本当にろくなもんじゃないです。
こんな私のためにご自分のお話、優しいコメントをくださって、本当にありがとうございました。

コメントを残す

Secret


飼い主

halu

Author : halu
猫・アルコール・ダンナを愛するアラフィフ子なし主婦。
小心者なので自ら絡むのは苦手...(汗)

猫様プロフィール

kanoka ■かのか ♀■
(2011/4/13―2012/5/14)
ほの香のことが大好きだった姉猫。かのかには本当に可哀相な思いをさせてしまいました・・・
        かのかのこと。

tamo ■たもつ ♂■
(1992/3/17―2010/5/13)
我が家の初代猫。狂犬のような黒猫でした(笑)。「猫の素晴らしさ」を一生を通して教わりました。
       詳細プロフィール

ランキング

最新記事

タグリスト

もってこいアニマルコミュニケーション写真岩合光昭胸部エコー検査アンバランス生姜お返事猫本瞑想セカンドオピニオン怪奇現象手帳デジカメ一年肉球日課PUMA大ゲンカ鉛筆画爪切り姉妹愛たもつ歯磨きO脚夏仕様恨めし寝おねむ老後土下座おもちゃ猫の日デトックス犬神家毛色犬たちをおくる日スケキヨほの香病気チラ見3.11あくびトライアル初対面フードストッカーアレルギー動画吾輩は猫であるハイスピード動画ボール猫生活寝癖心の傷KMLイタズラブラッシング御開帳ごめん寝ウーパールーパー内職コタツトートバッグベロ出し納豆トイデジゴハンコンテストヘソ天ゴミ監視テンちゃんKMS緑内障コマネチねこ歩きお気に入り写真思い出おやつyoutubeねこじゃらしグルーミング日光浴ほのか三年腕枕相棒ペロちゃんサプリデジイチロックオン廃屋改名大笑いお気に入り動画誕生日猫雑貨二歳チリ毛ジプシークイーンダ・バード病院熟睡生活用品ポポちゃん給水ボトル錯視図形わさびちゃん不快アンカーホッキング猫ブログかのか写真展脳血栓キャットタワー日向ぼっこ腹わしわし首輪お弁当お尻カッパ猫の神様安楽死プロフィール2014ワクチン海ちゃん陳さん腰トントン

検索ぷらす

全記事表示リンク

コメント

<>+-

御用達

  

  

  

  

 

雑誌デビュー♪

メール

お名前
メール(またはブログURL)
本文

QRコード

QR

記事画像一覧

twitter

(|ω・)猫ブログ(・ω|)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。